交通事故の示談交渉の基礎知識

交通事故に遭ってしまったら、被害者は加害者に損害賠償の請求をします。ここで、賠償の責任があるかどうかや賠償額について裁判をしないで被害者と加害者の話し合いによって決めることを示談交渉と言います。全ての交通事故のうち、9割以上はこの示談交渉によって賠償関連の問題を解決しています。交渉は被害者と加害者の間で行われますが、加害者が自動車任意保険に契約していれば損保会社の担当者が間に入って交渉を行うのが一般的です。ここで自動車任意保険にもいくつかのタイプがあって、人身事故・物損事故ともに示談の代行が付いているプランや人身事故の場合のみ保険会社で交渉を代行してくれるプランなどに分かれています。実際には自動車の多くが任意保険に契約していますから、被害者・加害者双方の契約している保険会社が交渉を行うのが一般的です。

多くの任意保険は交通事故の示談代行付き

交通事故の示談交渉とは、被害者が請求する損害賠償に応じる責任が加害者側にあるかどうか、また請求に応じる場合の賠償額などについて、裁判をしないで双方の話し合いで決定することです。全ての交通事故のうち裁判に持ち込まれる症例は少なく、全体の9割以上が話し合いで解決に至っています。交渉を行うのは加害者と被害者ですが、自動車を所有して運転する人の多くは任意保険に契約していて、現在発売されている任意保険には示談代行サービスが付いていることが多いので実際の交渉は双方の保険会社の担当者のよって行われるのが一般的です。また保険のプランにもいくつか種類があり、人身事故・物損事故ともに示談の代行をする総合タイプや人身事故のみ交渉を代行するプランがあります。自動車保険を選ぶ時には、補償の内容や保険料とあわせて事故に遭ってしまった時の先方との交渉の代行についても確認しておくと安心です。

交通事故の示談金はすぐには振り込まれない

交通事故の被害に遭ったら、加害者が加入している保険会社の担当者と示談交渉することもあるでしょう。交渉の末、解決できたとしてもすぐに示談金が振り込まれるわけではありません。これを知らない人が意外と多いです。被害者なのだからすぐに振り込めなんて言う人もいますが、何事にも手続きと言うものがあります。あまりごねても、お互い気分を悪くするだけです。下手に出る必要はありませんが、強気すぎる姿勢も考えた方がいいでしょう。示談金が振り込まれるまで、大体2週間程度かかります。交渉がまとまったら、保険会社は書類を作らなくてはいけません。そして、その書類を被害者に送付し、被害者は確認して署名捺印をします。もちろん、保険会社にその書類を返送しなければいけません。こう言う手続きを経て、やっとお金が振り込まれるわけです。