何故、交通事故処理で示談が多い理由

人間、殆どの人が面倒が嫌いなはずです。ただ、交通事故に遭ったら加害者や被害者、双方面倒なことは避けたいはずです。でも、結局のところ、自己処理はやっておかないと後々、トラブルが起こってしまうわけです。しかし、示談が多いのは何故なのでしょう。そこにスポットを当てて考えてください。ただ、示談が多いからといっても簡単に済ませてはいけません。というのも示談金や和解金、さらに慰謝料についてどこまで双方が納得するかです。片方の都合に偏ったものでは後から遺恨が発生するからです。ここで、弁護士の出番です。何故なら、法律関係は難しいからです。でも、簡単に問題が解決すればそれにこしたことがないわけです。ただ、事故処理が簡単に済むと考えるから多い理由なのかもしれません。どちらにしても解決のための天秤が平行になるために弁護士に相談が必要です。

交通事故の示談は保険会社を通じてやること

交通事故に遭遇した場合は一部の外国ではそのまま動かしてはなりませんが、日本の場合は他のクルマの支障をきたさないようにどこか隅っこに寄せて警察に連絡をして警察の実況見分が終わると後は双方の示談となります。警察はそのまま帰ってしまって単なる記録を付けるにとどまります。しかしここで気を付けないとならないことはその場で双方だけで決着をつけてはならないという点です。まずは任意で加入している保険会社に連絡を入れます。そして保険会社の担当者と打ち合わせの上で保険会社の担当者を介して双方の物損と人身の両面で損害の査定をしたうえで決めてもらいます。そうしないと相手次第では力で丸め込まれてしまったり新たなゆすりを受けたりなどして自分がさらに不利になりかねないからです。だからそれを避けるために保険会社の存在が大事になります。なおその保険会社はどこを選んでも自由ですが、このような事態に遭遇したときに大事なのは素早い対応や補償額だけでなく、他に担当者の対応の柔軟さとなります。この場合、通販型の保険会社の場合はその処理を基本ほとんどを自分でやらなくてはならなくなります。対して代理店型の場合はその手間を省けます。

交通事故を示談で解決する

人はいつどんな状況で交通事故に遭うか、または起こしてしまうかはわかりません。事故というものですから、大なり小なり負傷してしまうこともあるし、怪我などはなくても車や自転車などの乗り物が破損してしまうことは十分に考えられます。ただどうしても避けて通れないのは、加害者と被害者がいる場合、何らかの対応を取らなければなりません。警察を呼んだりして原因を調べたりするのは当たり前ですが、罰則などを受ける場合もあり、大きな事故の場合には裁判などにより懲役刑にも成り兼ねません。ただ小さな事故の場合には当人同士の話し合いにより示談という形での解決方法もあります。大抵は慰謝料や修理代などを支払うことになりますが、お互いに大袈裟にしなくていいというのなら示談という方法が一番早く解決できます。きちんと話し合いをするというのが大前提ですから、両者の意思確認をしなければなりません。

正当な賠償金を受け取る為に専門的な知識と経験を持った交通事故専門の弁護士が担当します。 相談料無料、着手金0円、終了時:20万円+受領額の10%(消費税別途、弁護士特約ない場合)。 関東地方を中心に静岡県、山梨県、長野県、新潟県の交通事故の法律問題に対応しています。 当法律事務所で扱った交通事故の事例をサイトで紹介しています。 交通事故の示談をサポート、中村・橋本法律事務所へどうぞ。